意外に間違える体脂肪とダイエットの関係

「お腹がぽっこりしてきた」「太ももが太ってしまった」「二の腕がプヨプヨ」などと言った様に、
高校や大学といった若い頃は運動もやっていたので、そんな悩みもそれほどなかったと思います。しかし、社会人になり運動も全然できなくなってしまうにつれて体重が一気に上がった経験はありませんか?運動しないだけでも体重は本当に上がりますよね。
それで「ダイエットしよう!」となってご飯や脂っこい物を食べないように食事制限したとします。1週間もすればある程度は体重は減ります。これでダイエットに成功したとなっていませんか?
確かに体重が減ったのでダイエットに成功したと思いがちですが、実は体の体脂肪はあまり減っていないのが現状なのです。
もし、体脂肪を減らしたいのであれば、運動は必須だと思います。運動をする事で基礎代謝も活発になりダイエットしやすい体にしてくれる役割も運動にはあるのです。

 

体脂肪はどうしたら増えるのか?

体脂肪は年齢とともに増加します。
なぜ年齢とともに増加するのかと言うと、基礎代謝が低下してしまうからなのです。
基礎代謝量は筋肉がもっとも大きい割合を占めています。

 

簡単に言うと筋肉を動かすエネルギーが1番消費するのです。

 

なので、運動をしないと筋肉もあまり使われなくなり、基礎代謝量がどんどん低下してしまうのです。それに気づかず、若い頃みたいに同じ食生活をする事で、体内では消費エネルギーがあまり燃焼されずに体の中へ”体脂肪”として蓄積されてしまいます。
これが体脂肪が増える要因なのです。
また、仕事上忙しくて中々まともな食生活が出来ていない人の場合、体が危機感をもってしまい、食事から蓄えられた栄養分を脂肪分として蓄えようとしてしまうのです。これも体脂肪が増える要因と考えられます。

 

体脂肪を減らすのに効果的なのは?

体脂肪にも種類がありますが、一般的には「有酸素運動」や「筋肉トレーニング」が効果的です。どちらも言い包めると「運動」となります。運動を継続的にする事で体脂肪を燃焼させ、基礎代謝も高める効果もあります。
しかし、普段体を動かしていない人が急激な運動をすると逆に老化現象などを招く恐れがありますので、最初は無理のない運動からスタートしてみてはどうでしょうか。
初めから厳しい運動をすることで継続率も急激に下がってしまいます。それに、やる気にも影響がありますので適度が最適です。

 

 

 

外出しなくても自宅で体脂肪が減らせるトレーニングアイテムがあるのです!